So-net無料ブログ作成

七夕に飾るのは竹か?笹か?〜竹と笹の違い〜 [ブログ]

今日は、日中は太陽が出ていましたが、夕方頃には雲が広がってきました。
そして、じとーっとした梅雨らしい暑さの1日でした。




スポンサーリンク











そんな本日、仕事で竹を切りに行ってきました。
もうすぐ七夕になるので、需要が高くなります。

私も子供の頃、願い事を短冊に書いてよくつるしました。
うちの子供たちにも、願いを込めた短冊を書いてもらいたいです。

ちなみに短冊を飾ったのが、竹だったのか笹だったのか記憶がさだかではありません。
むしろ、竹と笹の違いがわからないので調べてまとめてみました。

IMG_4946.PNG

竹と笹の違い
一般的には、竹の小型のものを笹と分類しているようです。
でも、大きさが逆転する場合もあるので、厳密に竹と笹を、大きさで分ける事は難しいようです。

では、どこで見分けるかというと、見た目での違いで見分けられるそうです。
明らかに違うのは以下の3点です。
1)成長後の茎の違い
茎の部分を見て、皮が残っているものが笹で、皮が落ちてツルツルなのが竹です。

2)葉っぱの違い
葉っぱには、水や栄養分を運ぶ葉脈がありますが、それが格子状のものは竹で、葉脈が並行のものは笹と見分けられます。

3)枝の出方の違い
節目の部分から出ている枝の本数で見分けます。
枝の本数が2本なのは竹、枝の本数が5~6本なのが笹です。
私はこれが一番わかりやすいです。

これで私は違いがわかるようになりましたが、実際、七夕飾りでは、竹も笹も両方使われているそうなので、あまり自慢できることではなさそうです。

ですが、今年の七夕は子供たちにちょっとした豆知識を自慢して、楽しみたいと思います。




スポンサーリンク










タグ:日記 七夕
nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0